シェアする

広島市に来たら、絶対やってほしいこと……原爆投下直後の写真と今を比較する。

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル大

広島市に旅するなら、これはやるべきだし、広島市でしかできないこと

今、広島市は、多くの観光客の方々が訪れている。インバウンドも確実に増えている。
世界で最初に、原爆(核兵器)を投下された街、広島。
それは一体、どういうことだったのだろう。世界遺産広島平和記念公園やその周囲を歩くことで、見えてくるものがある。

私は、広島出身で、それを多くの人に伝えるべきであると思うし、多くの人が広島市を訪れて、核兵器や戦争、人と人、国と国との争いはなぜ起こるのか、核兵器を使うということは、持つということはどういうことか。感じて考えてほしいと思う。

もはや広島でも随分風化してしまった。それでも、広島市は、戦争の成れの果てのひとつを、必死で伝えていかなければならない義務がある。

観光客の方々は、いや、広島在住の方だって、広島平和記念資料館へは、絶対に足を運んでほしい。
そしてもう一つ、やってほしいことがあるし、これをやることで、広島市の旅は、忘れられないものになる。

広島平和記念公園やその周辺には、原爆投下直後の写真がある。それを見て欲しい

原爆ドームは、その外見から西洋風の遺跡のようにしか感じない人もいるだろう。
平和記念公園も、緑あふれる穏やかな憩いの場に感じるかもしれない。

でも、あの日あの時。この地は一瞬にして焦土と化した。

それは、ここに掲げる比較写真を見ていただきたい。


 爆心地に近い元安橋


爆心地近く。あの時の写真と今


当時の大正屋呉服店 「この世界の片隅に」にも登場

このような、原爆投下直後の写真が、爆心地を中心にその場所に掲示されている。
その写真と、今の状況を見て欲しい。

広島の人は、この焦土からここまで立ち直った、とかいうけど、もちろんそれも素晴らしいけど、
私が、旅人に感じてほしいのは、今、しっかりと繁栄している広島の街が、一瞬のうちに焦土と化す可能性がある、ということだ。

つまり、ここで掲げる写真は、
左から右、つまりあの時から今、を見るのではなく
右から左、今からあの時、を見てほしいのだ。

今は、素敵なカフェが河岸にある。
でも、あの時は、この河が原爆で焼けただれた屍で埋まり、河原では、積み上げられた屍の山を焼いた。その時のにおいが忘れられず苦しんでいる人は、まだたくさんいるのだ。

広島を旅する人たち。ぜひ、感じて欲しい。今だって、この平和な日常が、一瞬のうちに1945年の8月6日8時15分に、人によって起こされた惨劇が訪れるかもしれない。そう、一瞬のうちに。あの時が、そうだったように。

よろしかったらランクアップにクリックでご協力を

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大