シェアする

広島市の路面電車に上手に乗るために、知っておきたいこと その1 先ずは「乗換え」

シェアする

世界遺産が2つもある広島県。広島平和記念公園と厳島(宮島)。旅行者の人気も高いですね。

その中でも広島市。
平和記念公園は絶対訪ねて欲しいところですが、
広島の美味しいものもたくさんありますよね。

お好み焼き、牡蠣、海の幸、野菜も美味しいんですよね……。
それから、もう一つ。
路面電車。広電という電車ですが、これが結構活躍するんです。
広島旧市内の観光ポイントは、路面電車に乗るだけで十分ですね。路面電車に乗りながら、歩きながら、まずは十分に見ることができます。
だから、広島市の観光のポイントの一つは、路面電車の乗り方、だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

路面電車は8系統

広島市の路面電車は8系統あります。(この表を見ると路線番号は9までありますが、縁起を担いてか、4系統は存在していないのです)
料金は、1系統を除いて一律大人180円、子ども90円。
料金が違う1系統は、白島線(130円)。この系統は短くて少し安いのです。

路線表の写真をよく見てくださいね。
観光客が多く使用する停留所ははまず
原爆ドーム前
原爆ドーム前は、広島平和記念公園。ここには原爆ドーム、そして平和記念資料館があります。また広島城にも足を伸ばすことができます。(広島城は、白島線から行ったほうが近いことは近いですが、原爆ドーム前から問題なく歩ける距離です)

八丁堀
八丁堀は、広島の繁華街に最も近い停留所。
昼の繁華街「本通り」や
夜の街「流川・薬研堀」にもすぐ行けます。

それから、横川駅、それから広電広島駅(JR広島駅乗換え駅です)。
横川駅と、広島駅は、
雰囲気のある、食事屋さんや飲み屋さんが多いのです。
これは、観光客の方々にはお勧めです。
また、横川には、広島の地元の人が、あるいはお好み焼き関係の方々が絶賛する、あるお好み焼き屋さんがあります。
ここに行くには、横川駅が便利です。(広電の路面電車でもいいし、JR駅でもオッケー)

9系統の乗り換えのポイント

さて、実際、路面電車に乗ると、自分の行きたい場所によって、系統を乗り換える必要がでてくることがあります。
じゃあ、乗り換える度に、180円プラスされるのか、というと、そういうことではありません。
乗換えの駅は、予め決まっています。そこで降りる時に、運転手さんか車掌さんに、「◯◯に行きたいので、乗り換えます」というと、乗換え券というのを渡してくれます。で、乗換えて目的地に到着したら、それで、無事に、降りることができるのです。

地元の人は、路面電車をもう足のように乗りこなしていますが、やはり、初めての人には複雑です。

観光客の方が、まず、路面電車に乗るのは、ほとんどが広電広島駅だと思います。(JRも広島駅で降りますし、広島空港からのリムジンバスも広島駅に到着するのを選ぶ事が多いですし、そのほうが分かりやすいです)
広電広島駅は、係員の人がいますので、「◯◯へ行きたいのだけど、どうすればいいですか?」としっかり聞いてください。
で、市内で降りて、観光してまた乗る時は。
系統図を何処かでゲットして(広電広島駅にあります)、それを見ながら乗り、乗ったら運転手か車掌に確認しましょう。乗り換えの必要があるのか、ないのか。乗り換えるのならどこなのか。また、運転手しかいないワンマンカーも走っていますので、気をつけてくださいね。

先ずは、こんなところでしょうか。

よろしかったらランクアップにクリックでご協力を

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大