シェアする

まるで大人の修学旅行。札幌で、Jリーグを見て、海鮮、ジンギスカン、みそラーメン、アイスクリームを食べたぞーーー!

シェアする

虹と雪のバラード。ファンタジー。本当に美味しい。
そんな言葉が次々と出てくるような旅でした。
観光客になり切って(いや、いつも観光客なのですが(^_^.))札幌を楽しみました。
今回の記事は、やはり札幌グルメレポートになりますね、これは。
では、私は、私たちは、なぜ12月の札幌に出かけたのか……。お話はこおから始めさせていただきましょう。
スポンサーリンク
レクタングル大

2018年度Jリーグ最終節 コンサドーレ札幌 対 サンフレッチェ広島

実は、Jリーグ2018年度の後半のスケジュールが発表された時、私と私の仲間たちの何人かは、言葉に出さずとも、心密かに考えていたはずだ。少なくとも私は考えていた。最終節は12月1日。コンサドーレ札幌とのアウェイゲーム。
これは行くでしょ。冬の札幌最終節。実に旅情をそそられる日程とデスティネーション。だと思いますでしょ。
そうなんです。私はJリーグが好きで、出身地である広島のクラブ=サンフレッチェ広島のまあまあのサポーターなのです。そして、友人たちとは、私と同じようにサンフレッチェ広島を応援する者たち、なのです。

うまい、美しい、熱い、そして寒い。札幌最高!!!

2018年のサンフレッチェ広島は、前半は無双の強さを誇り間違いなく優勝、と誰もが思っていました。だから2018年後半の日程が発表されたとき、最終節の札幌戦では、既に優勝を決めていると思っていました。
ところが後半戦の途中から、一気にサンフレッチェ広島は勝てなくなります。後半戦だけで計算すると下から2番目の成績。いやあ、こんなことある?(この辺の経緯に興味がある方は、こちらも私が運営している「サンフレッチェ広島を応援しよう」で)
それでも最終節を迎える段階では何とか2位をキープはできたいました。
さらにかつて広島の指揮を執り、広島黄金期の礎を築いた名将(と言ってもいいですよね)ペトロビッチ率いる札幌は、力を確実に高めていたのです。
で、結局最終節は、サンフレッチェ広島は2位とACL(アジアチャンピオンリーグ)のプレーオフをかけて戦うことになり、コンサドーレも同じく、広島に勝って、鹿島の結果次第では2位になり同じくACLのプレーオフを賭けることになったのです。つまり、両クラブにとってとても大切な一戦になった、ということです。(それにしても札幌の躍進は凄い。ペトロビッチを招聘した野々村社長もすごい)

ということで、関東と地元広島から、札幌に集合したのは4名。さあ、アウェイ・グルメ・ツアーの始まりです。

ゲームのことは、とりあえず置いといて、先ずは海鮮

行きますよーー、札幌のグルメツアー。
先ずは海の幸。
ちょっと既によく覚えていないのですが、狸小路にあった炉端焼きのお店。美味かったー。
続きましては、公設市場
まあ、いい値段はやっぱりするんですが、ルーティンというか、うに丼は食べとかないと。やっぱりうまい。このうに丼をいただいたお店のご夫婦が美男美女で若いころ2人で、お店をやっていこうよとか言いながら夢を語っていたんじゃないかと想像しながら頂きました。

ザ・定番 サッポロビール園でジンギスカン

もちろん定番ですよ、定番。でも一度はここに行かないと。私は実は数年前に札幌に転勤していたことがあるのですが、その期間わずか3か月だったこともあり、サッポロビール園には行ったことが無かったのです。他の3人も同じく。ということで、抜かりなく予約してジンギスカン。美味い。楽しい。ビールも美味しそうでしたよ(私は基本的にお酒はのまないのです)。

次はラーメン。味噌と塩

ビール園からタクシーで薄野へ。スナックや飲み屋には興味なく、おなかがいっぱいになったから歌おう、とカラオケへ。ここで登場したのが「虹と雪のバラード」。ある年代から上の方はお分かりでしょう。1972年札幌オリンピックのテーマソング。トワ・エ・モアという名前の男女デュオが歌った名曲です。いやー、盛り上がったなー。
で、歌った後は、ラーメンを。

私が札幌勤務時代の上司に紹介してもらった新ラーメン横丁のいそちゃん。味噌も塩も美味しゅうございました。

札幌時計台からの雪印パーラー スノーロイヤルのパフェ

札幌駅から新千歳空港へ向かう前に、先ずは札幌時計台。
観光地の日本三大がっかり、と言われていますが、私は全くそうは思いません。札幌に旅したら絶対に寄るべきところ。

当時、北海道の農業にかける人たちの熱き想いがひしひしと伝わってきます。彼らがいたから、今がある。

ということで、時計台を後にして、私の大好きな雪印パーラーへ。札幌駅の真ん前にあった時から大ファン。とにかくここのアイスクリーム「スノーロイヤル」はまさにアイスクリームの王様。で、みんなで頂いたのは、そのスノーロイヤルをたっぷり使ったパフェ。もう、言葉は必要ないですよね。

新千歳で、ラストスパート。スープカレーとはなまる寿司

さて、新千歳空港では、みんなで昼ごはん。スープカレー。
広島から来た同志は、午後早めの飛行機で帰広。私のフライトは夕方だったので、それまでk-ひーを飲みながらのんびりと。
最後に、はなまる寿司で2、3貫つまんで、機上の人となりました。
あー、楽しかった。そして美味しかった。
え?サッカーはどうなったかって?
そうでした、そうでした。
コンサドーレとサンフレッチェは、引き分け。
コンサが前半2点先制するも、その後サンフが2点追いつきました。
サンフは勝てたゲームでしたね。でも、それを勝ちきれないのが、2018年後半のサンフレッチェでした。
今年も、アウェイツアー行きますよ。そしてまた、レポートしますね。
よろしかったらランクアップにクリックでご協力を

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
レクタングル大