シェアする

龍を見たか。八大竜王に会いに行った日……パワースポット

シェアする

ある夜のこと。Facebookのタイムラインを眺めていたら、一瞬凄いものが通り過ぎて行った気がしたのです。改めてタイムラインを戻して見ると、そこに龍がいたのです。私は間違いなく、龍を見たのです。あなたは龍を見たことがありますか?

龍を紹介してくれていたのは、仕事仲間の人だった

地域の活性化を仕事としているそのプロデューサーは、どうやら地元の方にその地を教えてもらったらしい。その話を聞いて「これは本物だな」と思ったことは間違いない。だからこそ、仕事で訪れた街から、さらに足を伸ばして奥深く入っていかなければならないこの地に、大きな力に惹かれ、訪れたのだ。
そして私も、このプロデューサーがFacebookで発したただならぬ気配に「これは……」と感じてしまった。そして次の休日には、実際の行動をとってしまったのです。
私たちが訪れたのは、神龍八大龍王神社です。
スポンサーリンク
レクタングル大

熊本の温泉郷のさらにその奥に、龍はいた

私はここのところ、車を運転することがなくなった。で、今回はそれで少し困った。八大龍王神社は、熊本市の中心街からバスで約1時間でたどり着く菊池市から、さらに奥深いところまで行かなければならない。
バス停の前にある教会
私はこのバス停からスタート
かつては定期バスも運行されていたそうだけど、もうない。八大龍王神社までは10キロの距離。時速5キロで歩いても2時間かかる。でも行かなければならない。
さて、結局私は、素晴らしいご縁を得て、神社を訪ねることになるのですが、ここのくだりは割愛せざるを得ないのです。少し、妙な話だったりするので。ただ、とにかく素晴らしいご縁で私は、神龍八大龍王神社を訪れることができたのです。

鳥居をくぐり、坂を降りると、そこに龍神様がおわした

菊池市は盆地で、峠をバスで越えた時も「ああ、少し街から離れたな」という印象があったのですが、
菊池市の盆地に入ったバスからの風景
八大龍王神社の鳥居の前に立った時は、自然の精霊や神さまたちと一緒に生きている人が暮らす里なのだ、と強く感じ、その鳥居に自然と手を合わせていた自分に気づきました。
そして、雨が降ってきた。少し激しく。
鳥居
鳥居の上部
私が鳥居の前に立ったのを確認したかのようなタイミングで。それは全てを清めてくれるような雨が。
鳥居から階段を降りていくと、そこは竹の林が傘もいらないほど繁っている。そして、見えてきた。神龍八大龍王神社のお社が。
社へ降りる階段
二の鳥居と社

迸る力は、その空間だけではなく、多くの次元と繋がっている

私はしばらく、お社の前に佇み、その力を感じていた。その間も、激しく降る雨にもかかわらず、何人かの人がお参りに訪れる。
私は改めて、八大龍王のお社の前に立ち、手を合わせ、祝詞を上げ、真言を唱えた。その結界の中にある愛染明王のお社にも同じように手を合わせ、祈りを捧げた。
夫婦杉、雄滝・雌滝……。
八大竜王の社
降りてきた参道
神龍八大龍王神社は、私たちが訪ねるべき神社ひとつ、に間違いはない。
人流八大龍王の縁起
この地の八大龍王神に関しては、ここに掲載する石碑をご覧いただければお分かりいただけます。
縁起の記された石版
いずれにせよ、雄滝と雌滝に雄龍と雌龍がおわし、それが今の社に祀られているのです。私のような鈍感な人間にも感じ取ることができるその力からも、宇宙最高の神と言われているのも頷けるものです。
雄滝雌滝
愛染明王の社

福蛇の袴を身につけておこう

服蛇の袴は、蛇の皮を龍の鱗に見立てた御守り。せっかく八大龍王を訪ねるなら、福蛇の袴
、ぜひとも手に入れましょう。
(実は私は、福蛇の袴のご縁で、八大龍王神社を訪れることができたのです)
福蛇の袴
購入できる場所は
菊池市のきくち観光物産館。
住所は熊本県菊池市熊府1273-1
電話番号:0968-25-5477
営業時間:3月から11月の8:30から18:00
              12月から2月は8:30から17:30
アクセス:九州自動車道「植木IC」から約20分
神龍八大龍王神社の住所は
熊本県菊池市龍門です。
スポンサーリンク
レクタングル大