シェアする

コザにタコスを食べに行こう

シェアする

沖縄に行くと、2回に1回は訪ねる店がある。
コザのゲート通りの「ocean」。
名物はタコス。
ただし、一般的なタコス屋さんをイメージして行くと、ちょっと戸惑うことになるかもしれない。

……
コザは基地の街の歴史を背負っている。もちろんoceanも。
ゲート通りというのは、嘉手納基地のゲートから伸びる大きな通り。かつてこの通りはアメリカ兵たちで24時間ごった返していたそうだ。
でも、今はさみしい通りになってしまった。

カフェオーシャンの地図。西側は嘉手納基地のため、地図がざっくりした感じになっている
    ⇓

コザには、他にも銀天街、パークアベニューといった商店街があるけど、見る影もない。
基地で一気に景気が上がり、その景気は弾けて、それからというものは寂しくなっていく一方だ。
旅人の私がとやかく言うことじゃないけど。

基地の景気が華やかなりし頃のシンボル。現代史をここからも感じ取ることができます
  ⇓

スポンサーリンク
レクタングル大

コザは、基地の街。タコスの街。そして音楽の街

oceanオーシャンのマスター=ヤラヤッシーが作ってくれるタコスは、美味い。
ビールで流し込むのもいいけど、ヤッシーが淹れてくれるコーヒーで食べるのも私は好きだ。

ヤッシーは、アーティストでもある。フォークシンガーソングライター。
「コザにタコスを食べに行こう」
「ミュージックタウン」は大好きな曲だ。
この2曲を聴くと、ヤッシーの、歌を通じてコザという街を少し感じる事ができる、と私は思っている。
コザで生まれ、コザで育ったその人の、思いや、いろんなものを感じ取ることが出来る、と思っている。

oceanで、ヤッシーにリクエストすると、ギターを弾きながら歌ってくれる。
コザを訪ねてよかった、oceanに来てよかった、と、そして沖縄って自分にとって何なのだろうか、と感じる、考える瞬間だ。

「ミュージックタウン」のことを少し書きたかったけど、それはまた次の機会に。

「コザにタコスを食べに行こう」と「ミュージックタウン」の歌詞を少しだけ紹介すると……。

🎵コザの街はミックス文化、だからタコスを食べに行こう🎵
🎵今も昔も変わらない、ミュージックタウン🎵
🎵遠い昔から流れてる、三線の音。今も変わらない音楽の街🎵
🎵戦争と怒りと平和と愛が、歌になった🎵
🎵自由に、自由を歌いたい🎵

また、ヤッシーの弾き語りが聴きたくなってきた。

よろしかったらランクアップにクリックでご協力を
  ⇓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大